滋賀県の土地登記、建物登記、測量などに関する土地家屋調査士業務は伊藤高昭事務所にお任せください。

お電話でのお問合せは 0749-21-3126 受付時間:月〜金 9:00〜18:00
MENU
HOME > 境界立会いをご依頼させていただいたお客様へ

境界立会いをご依頼させていただいたお客様へ

わたくしども土地家屋調査士は、土地の測量を行う際に、境界の位置を確認していただくために隣接土地所有者様への境界立会いをお願いすることがあります。

境界がはっきりとしていない場合、土地家屋調査士は法務局や関連する役所に保管されている資料(登記簿、地図・公図、地積測量図、道路台帳図、区画整理図など)を基に、入念に土地及び周辺を調査し、過去に確認を得た経緯がなければ境界立会をお願いさせていただいております。

土地の境界は、人為的に区画された土地と土地との境のことです。

では、なぜ境界立会を行うのでしょうか?

一言でお伝えするならば、土地の境界を土地所有者様同士が確認しあうためです。

境界がはっきりしていない土地を所有しているのはお互いに不安ですよね。

これを隣接土地所有者様同士が確認しあう事により、正確な測量をして境界を確定させることで、お互い双方の利益となります。境界が確認された場合、書面も残されますので、将来の境界トラブルの予防策にもなります。

境界立会いをお願いするケースとしては

土地の売買をする前に土地の所有権の範囲を確認したり、家を新築する際に、垣根やブロック塀などが境界を越境して工事をしないようにするため、または境界が境界標の目印で、はっきりしていない場合など、境界をはっきりとさせるための手段として境界立会が行われます。

敷地内への立ち入りを拒否したいのですが、

境界立会をお願いしますと、土地所有者様同士の日常生活上、付き合いがないなどのご理由により、敷地内への立ち入りを拒否される方がいらっしゃいます。

お話をお聞きするとご心情をお伺いできる内容ばかりです。ですが、境界立会は境界を確認するためのお互いのためになる行為です。

つまりは隣接土地所有者様の土地の境界にも係ることになり、お互いのメリットにもつながります。

わたくしども土地家屋調査士は、隣接土地所有者様へ、境界立会および隣地に入って測量をしなければならない場合、無断で敷地内に入る事はございません。

ご挨拶回りをし、境界立会がどういったものなのか趣旨をお伝えしたうえで、境界立会、測量のお願いをさせていただいておりますので、

ぜひ、境界立会にご協力をお願いいたします。

境界立会の流れは以下のとおりですので、ご参考ください。

境界立会の流れ

1、境界立会の依頼

まず境界立会の日時が決まりましたら、依頼者様と隣接地所有者様へ『境界立会のご案内』という依頼書をお届けします。

お届けは直接訪問したり郵送にてさせて頂いたり、確実に各所有者様の御手もとに届くようにさせて頂きます。

※境界立会は原則として、土地所有者様ご本人にお願いしておりますが、関係所有者様の御都合が合わない場合は代理の方にて確認をしていただきます。

その場合は必ず所有者様から代理人への委任状が必要となります。

2、仮測量

当日の境界立会をスムーズに行う為に、事前に仮測量を行い過去の資料と比較・検証し境界立会時の様々なご質問にお答え出来る様準備を行います。

※敷地への立入りは、各所有者様の御了解を頂いたのちに行います。

※場合によっては仮杭を設置する事もあります。

境界立会いをご依頼させていただいたお客様へ 土地家屋調査士 伊藤高昭事務所
土地家屋調査士 広報キャラクター「知識くん」

3、境界立会

土地家屋調査士が現地にてお待ちしております。

関係所有者様がお集まりになられてから『それでは境界立会を始めさせて頂きます』とお声をかけさせて頂き境界立会がスタートします。

まず仮測量の結果をお伝えして、みなさまのご意見を頂戴した上で、境界点1点ごとに順番に関係所有者様の確認を行います。

立会に要するお時間は、およそ一件当たり15分〜30程度あれば終了します。

※基本的に1点ごと確認を行いますので、順番によっては長時間お待ち頂く事もありますがご協力をお願い致します。

境界が確定しましたら、その場で関係所有者様と確認写真を撮影します。

この作業を全境界点にて行います。

境界立会の所要時間は約1時間ですが、確認を終えられた所有者様から出席簿にご署名・捺印を頂きお帰り頂いております。

境界立会いをご依頼させていただいたお客様へ 土地家屋調査士 伊藤高昭事務所

4.測量および境界標設置

確定した境界点に境界標を設置します。

場合によっては追加測量を行い調整後、後日境界標を設置します。

境界立会いをご依頼させていただいたお客様へ 土地家屋調査士 伊藤高昭事務所

5.境界確認書・申請図面の作成

現地にて確認した境界点を基に『地積測量図』を作成し関係所有者のみなさまの押印を頂く『境界確認書』を作成します。

『境界確認書』は立会にて確認した境界点を書類で担保させるもので、一部の登記申請には必要不可欠な書類です。

境界立会いをご依頼させていただいたお客様へ 土地家屋調査士 伊藤高昭事務所

6.境界確認書締結

関係所有者様みなさまに『境界確認書』への押印を頂きます。

所有者の方が複数みえる共有地の場合は、原則共有者全員の押印を頂きます。

また所有者が亡くなっている場合は、原則法定相続人全員の押印を頂きます。

みなさまの押印を頂き境界が確定します。

境界立会に関するよくあるQ&A

Q:立会いは所有者本人でなくてはなりませんか?また、所有者がすでに亡くなっている場合は、どうすればいいでしょうか?

A:本人の立会いをお願いします。

しかし、やむを得ない場合は家族や代理人でもかまいません。その場合は事前にお渡ししております委任状に所有者本人の署名・捺印を頂き、お持ちください。

亡くなっている場合は、原則相続人全員の立会いをお願いします。

やむを得ない場合は、相続人代表でも構いません。

その場合も委任状に他の相続人本人の署名・捺印を頂き、お持ちください。

Q:境界立会いに要する時間はどのくらいですか?

A:境界立会は、おおよそ隣接土地所有者様一件あたり15分〜30分程度あれば終わります。

昔に測量した図面、土地を購入なされたときの図面、また境界について情報がありましたら、境界立会前にご報告して頂けますと、境界の判断に悩まずにすみ、立会当日にお時間を短縮できる場合がありますので、ご協力をお願いします。

Q:立会いを終えたら何か証明等は残すのですか?

A:境界立会証明書に署名・捺印をお願いします。ほとんどの場合、捺印は認め印で結構です。

Q:境界は確認したけど書類への署名はちょっと…

A:立会いを行い、双方において境界は問題ないけれど「立会証明書への書類に署名・捺印はちょっと遠慮したい」という方がいますが「現地立会いを行った証拠」となる重要な書類であり「土地境界に関すること」のみに有効なものです。

慎重になって「トラブルに巻き込まれるような署名などしたくない」と思われるかもしれません。

署名出来ない理由をあげればきりがありませんが、境界確認はお互い様です。

あの時に署名してくれなかったから、今度はうちも署名するのは止めよう…なんて事にもなりかねません。

将来的にご自分でなくともご子息様が土地を手放す時が訪れるかもしれません。

売買では「隣接地所有者の全員の立会証明書類がなければ、契約を解除します。」と言った特約を買主側で要求することも増えてきており、円滑な取引に支障を来たす恐れがあります。

いずれの場合もお気持ちは分かりますが、境界に異議がなければ、「立会いを行い土地境界の確認した事」に基づく事実を記すための書類ですので、ご協力お願い申し上げます。

Q:立会が不調に終わってしまった時は…

A:問題を先延ばしにしても、何も解決しません。

「境界が確定出来なくてもウチは別に構わないから」と放っておくのは、後にまた同じ問題が発生し、もしかしたら裁判に発展したり、お隣さんとのお付き合いに影響が出てしまいます。

もし後日、自分の方から境界立会依頼しなくてはならない状況になった時は、立会いに応じてもらえないかもしれません。

1.単に「認めない」とばかり主張されているのなら立会された土地家屋調査士の方に自分の主張する境界がどこなのかをまずは主張してみるのが良いと思います。

そうすることで、問題が形となって明確に見えてくるからです。

きっと、よい解決案を土地家屋調査士の方が提案してくれると思います。

2.相手方が依頼している土地家屋調査士だから信用出来ないといった場合は、費用こそかかりますが御自分で他の土地家屋調査士に依頼するのも一つの方法です。

3.お近くの境界問題相談センターに相談してみる。境界問題解決支援センター滋賀は事前相談無料です(要予約)。

http://www.shiga-kai.jp/adr/about_center_shiga.html

4.法務局に筆界特定申請を申請してみる。

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji104.html

境界の位置を決めることは過去を追い求める作業でもあります。

過去に近いうちに解決しなければ、未来ではもっと過去のことが解らなくなってしまいます。

いずれの方法にせよ、手間や時間がかかることになりますが、せっかくの機会だと考え将来にトラブルを残さないようにすることも所有者の努めではないでしょうか。

Q:隣接の方に境界立会いを依頼する場合に謝礼は必要ですか?

A:基本的に謝礼は必要ないと考えます。ただし、謝礼とは別に(謝礼代わり)に菓子類などを持参することは多々みられます。

土地・建物の登記測量、境界確定のご相談はおまかせください。 0749-21-3126 受付時間:月〜金 9:00〜18:00 メールでのお問合せ

ページの先頭へ